アヴェニュー佐久平の日常
sakulife.exblog.jp
トップ

アヴェニュー佐久平を舞台とした地域情報を発信する営業ブログです。              新日本住建株式会社    〒385-0034          長野県佐久市平賀4842-4   TEL:0120-39-8216
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
マイリンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
何でも初モノって貴重な..
by 一番目でした~ at 06:51
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 23:40
ホントに中って熱いんだ..
by おぉ・・・ at 00:52
目隠し+両手縛られてお..
by これはハマる!!!! at 01:11
一回で8まんゲットォォ..
by こんなんでいいの!? at 02:34
はじめて逆 援 助やっ..
by えらいこっちゃ! at 10:01
爆乳のきゃわゆぃお姉..
by うっひょぉぉぉ!! at 17:03
おいらのホ一ケイち●ぽ..
by にゃははは at 08:31
なんか最近ザーメソ飲む..
by ゴクゴク飲みすぎw at 15:35
ロ リ顔の子にぶっかけ..
by まっちろになっちったwww at 02:24
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:佐久平 ( 3 ) タグの人気記事
X’masイルミネーション
d0099965_1838565.jpg


もうすぐクリスマスですねぇ。
ここ『アヴェニュー佐久平』にお住まいの方々も、
それぞれにお家をデコレーションしたり、イルミネーションを
施したりして、クリスマスムードを盛り上げていらっしゃるようです。

私の仕事場である販売センターの駐車場にも、
特大のモミの木がありまして、他の皆さんにはかないませんが、
電飾をかざって夜になると点灯させております。

なかなかキレイなもんですよ。

私の今年のクリスマスは、佐久で一人鍋でもつついて、
半ば開き直り気味に過ごすことになるんでしょう・・・・。グスン・・・。
[PR]
by sakulife | 2006-12-16 18:53
Mt.Asama
d0099965_19355791.jpg


どうです?この雄大な景色。
今日の朝、東京から電車で現場に向かいました。

この写真は、現地最寄り駅からテクテク歩いていく
途中で撮ったものです。

ご覧のとおり、なーんもさえぎるものがない田んぼの中を歩くものですから、
寒風に容赦なく顔面をひっぱたかれ、本当に
耳と顔が取れちゃうんじゃないかってくらいに凍えながら到着しました。

東京の私の自宅から現地まで、ドアツードアで約2時間半。
新幹線に乗っている時間はほんの1時間ちょっとですので、
ホント、すこしウトウトしてる間に着いてしまうんです。

まさに、トカイナカ!

都会の便利さを兼ね備えつつ、田舎暮らしができる
地域を、最近ではこう呼ぶんですって。

佐久平の駅までクルマを使えば、都心通勤だって可能なんですよ。
実際、『アヴェニュー佐久平』にお住まいの方の中に、
都心に通勤している方もいらっしゃるんです!

オンの日でも悠々新幹線で出勤。オフの日は
雄大な大自然に囲まれてひろ~いお庭で
家庭菜園。
なんてことも、ここでは可能なんですよ。
[PR]
by sakulife | 2006-12-10 19:56
秋、そして暖冬??
地元の方に伺うと、今年の12月はどうやら例年になく
暖かいとの事。

とはいえ・・・・

東京モンの私には十分すぎるほど寒いんですけど・・・。
朝晩は氷点下ですし。
私もついに、いままで“そんなオヤジくさい”と頑なに拒んできたモモヒキ
をスーツの下に着用しようかどうか、
真剣に悩んでいるところです。

先程と同じ地元の方が、佐久平の冬はもともと雪も少なくて
住みやすい土地なんですよ、ともおっしゃってました。

昨年の冬は、15センチくらい積もったのが2回ほど、あとは
雪は降ってもうっすら積もる程度で、
すぐに溶けちゃうんですって。

都会に住んでいると、四季の感覚が曖昧と言いますか、
なんとなく寒くなったからもう冬だなあ、とか、
いつの間にか暑くなってきたから夏だなあ、
みたいな認識で、秋を意識することがあまりなかったような気が
していたんです。


今年から佐久に滞在するようになり、現地で周りの山々や遠くに望む
八ヶ岳を眺めていますと、
夏の頃は眩しいくらいに濃い緑だったのが、
10月の声を聞くと、赤とんぼが数を増し、
山が徐々に色づき始め、稲刈りを終えた田んぼからはもみ殻を焼く
白い煙があちこちで立ち昇ります。
現地販売センターの裏山で自生する栗の木にはたくさんの実がつき、
カラマツは赤茶色の葉を落として、林の見通しが良くなってきます。

そんな風景を見たもんですから、今年ははっきりと“秋”を認識できたんです。
おおげさに言いますと、
自分が潜在的にしか持っていなかった日本人の四季の感覚を、
佐久に来て思い出したような、そんな気がします。


販売センターから見える蓼科山や浅間山の山頂付近は、いまは
粉砂糖を振りかけたように薄く白く化粧しています。
それが真っ白になり、凛と張りつめて澄んだ冬の空気を感じながら
眺めるのを楽しみにしつつ、
駅前のジャスコの肌着売り場で、モモヒキを買おうか買うまいか、
腕組みをして悩んでいるこの頃です・・・。
[PR]
by sakulife | 2006-12-09 12:47