アヴェニュー佐久平の日常
sakulife.exblog.jp
トップ

アヴェニュー佐久平を舞台とした地域情報を発信する営業ブログです。              新日本住建株式会社    〒385-0034          長野県佐久市平賀4842-4   TEL:0120-39-8216
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
マイリンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
何でも初モノって貴重な..
by 一番目でした~ at 06:51
3日目でソッコー8万い..
by オメガワロスww at 23:40
ホントに中って熱いんだ..
by おぉ・・・ at 00:52
目隠し+両手縛られてお..
by これはハマる!!!! at 01:11
一回で8まんゲットォォ..
by こんなんでいいの!? at 02:34
はじめて逆 援 助やっ..
by えらいこっちゃ! at 10:01
爆乳のきゃわゆぃお姉..
by うっひょぉぉぉ!! at 17:03
おいらのホ一ケイち●ぽ..
by にゃははは at 08:31
なんか最近ザーメソ飲む..
by ゴクゴク飲みすぎw at 15:35
ロ リ顔の子にぶっかけ..
by まっちろになっちったwww at 02:24
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
冬晴れ。
突然ですがみなさん、この建物どっかで見たことありません?

d0099965_20544436.jpg


ちょっと前、『高原へいらっしゃい』っていうドラマがあったのを覚えていますか?
そうなんです、年季の入ったこの建物は、そのドラマの舞台となった所です。

この建物、正式名称を“八ヶ岳高原ヒュッテ”というそうで、
私が訪れた時は残念ながら閉館中だったのですが、
夏の間はレストランでお食事ができるそうです。
元々は東京の目白に、元公爵のエライ方のお住まいとして建てられましたが、
昭和43年にこの地に移築されたそうです。

ちなみに、わたしが知っている『高原へいらっしゃい』は、佐藤浩一さんや
井川遥さんが出演しているものなんですが、
いまから約30年ほど前にも、田宮二郎さんが主演したものが元祖で、
私が見てたのは、いわばリメイクだったんですね。
30年前のときも、やっぱりこの建物が使われていたそうです。

私もこういう仕事をしているせいか、建物の構造とかデザインに
とても興味を覚えてしまうんですよね。
この建物もいい味出してますよねぇ。ブリティッシュな感じで。
この“八ヶ岳高原ヒュッテ”、設計は現在も銀座のシンボルである和光
などを手がけた渡辺仁氏によるものだそうです。
どうりで色あせないデザインなわけだぁ。

どうです?こんな感じの別荘をアヴェニュー佐久平で実現してみては?



☆八ヶ岳高原ヒュッテ☆
長野県南佐久郡南牧村大字海の口
八ヶ岳高原ロッジ内
アヴェニュー佐久平現地よりクルマで約45分

 
[PR]
by sakulife | 2007-02-24 21:31
冬のお楽しみ
d0099965_1874427.jpg

コレなんだか解りますか?
アヴェニュー佐久平に新しく完成した一戸建・・・ではなく、
現地から車で約30分、松原湖の様子です。
写っている家みたいなモノは、氷結した湖面に穴を開け、
ワカサギ釣りを楽しむための小屋なんです。

かくいう私も釣りは子供の頃から大好きで、一度この
ワカサギの穴釣りは体験したいと思っているのですが、
なかなか機会がなくて。
この日も、外回りのついでに寄ってみたので、この場所に
似つかわしくないスーツ姿で湖のまわりをウロウロ。
釣り人からはおかしな人に映ったことでしょうね。

~ここで臨時ニュース!!~

アヴェニュー佐久平に、セカンドハウス用建売住宅4棟を、
2月末ごろ販売することが決まりました!

土地約75坪、建坪25坪のゆったり2LDK平屋建て。
価格帯は2000万円前後を予定しております。

天井高約5メートルの開放的なリビングダイニングで、
ゆとりのセカンドライフを実現できます。

ぜひぜひ!!
[PR]
by sakulife | 2007-02-04 19:51